柏市の生涯学習を通してまちづくりを行っています

貝沢_活動実績_240322

戻る

平成24年3月22日

シンポジウム「第二の人生をどう設計するか」

フォーラム 「終の住処をどうするか」 

柏市中央公民館5階 講堂

5年計画で実施してきましたシンポジウム、そして5年間に行われたシンポジウムをまとめた小冊子5冊。「第二の人生をどう設計するか」について、さまざまな視点から学んで参りました。

本年は最終的なまとめとして、「終の住処をどうするか」というテーマでフォーラムを行いました。入場者は178名、ほぼ満席の状態で、参加者から集計されたアンケートでは、大変有意義だったとのコメントを頂き好評のうちに終了しました。

会場受付風景

受付風景 参加者には当会制作の小冊子「第2の人生をどう設計するか」が進呈されました


会場風景

満席(180名)に近いお客さんを迎えた会場

<プログラム>

  • 総合司会  八木 カツエ
  • 開会挨拶  貝沢 正行
  • 講 演1  「失敗しないための老人ホーム選び」
            幸田 考司(社会福祉主事・介護福祉士)
  • 対 談   「老人ホーム・終の住処選び実例に学ぶ」
            幸田 考司・谷口 義則
  • 閉会挨拶  竹田 正明




司会&開会挨拶

司会:八木カツエ         開会挨拶:貝沢正行




幸田氏講演

「失敗しないための老人ホーム選び」:幸田考司氏が講演しました。

選択肢がこんなに多くあったのかと知り勉強になりました。




谷口氏講演

「私たちはどこで最期を迎えるか」:谷口義則氏が講演しました。

 PPWKで逝きたい気持ちになりました。



幸田氏と谷口氏の対談

対談:参加者からの質問が多かったため、両氏の対談より、”参加者との対談”となりました。



閉会の挨拶

閉会挨拶:竹田正明

<6年間のテーマ>


< 実行委員 >

 谷口 義則 (実行委員長)、佐野 辰雄 (副実行委員長)
 伊藤 二郎、貝沢 正行、菊池 陽子、砂生 照代、杉本 祥子、竹田 正明、沼野 勝吉、
 根本 信子、橋本 陽子、平井 光彦、福田 隆三、水上 玲子、八木 カツエ、吉本 真知子、
 綿引 芙美江


< 謝辞 >

ボランティアいきいき」シンポジウムを終えるに当たって

シンポジウム実行委員長 谷口 義則

平成18年から開催されてきました、ボランティアいきいきシンポジウム「第二の人生をどう設計するか」は、本年3月22日のフォーラムをもちまして、6年間のロングランを無事終了することができました。

この間、シンポジウム4回、講演会1回、フォーラム1回、及び小冊子5冊(合計1847冊)を発行して参りました。
この6年間、実行委員および会員の皆様には、多大なご協力を頂き感謝しております。
本年のフォーラムを終えるに当たって、アンケートを頂きましたが、「参考になった」という多くの意見を頂き、胸をなでおろしているところです。

大変長い間ご協力いただきました実行委員・会員および参加して頂いた市民の皆様に、改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

参加者の受付 ボラいきのノボリ 小冊子の無料配布

失敗しない老人ホーム選び 私たちはどこで最期を

八木カツエさんと  佐野久子さんの生け花 
第4回小冊子と第5回レジュメ



戻る

ご意見・ご感想はコチラでお願いします


認証コード(1054)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional