柏市の生涯学習を通してまちづくりを行っています

福田_活動実績_250321

戻る

平成25年3月21日

(2013年)

ボランティアいきいき 佐倉研修日帰りバス旅行

佐倉市の国立歴史民俗博物館・佐倉順天堂記念館・佐倉武家屋敷



画像の説明

国立歴史民俗博物館 正面玄関前で(撮影:竹田正明)

 平成25年3月21日、この日は、早朝は風が強かったものの、目的地佐倉に到着する頃にはそれも治まり、3月の陽光のもと、白い花満開のコブシが迎えてくれました。
 10時~12時半は、国立歴史民俗博物館の見学、班毎に分かれて自由見学です。博物館には、第1~第6展示室まであり、史実に基づく膨大な数の展示物があり、まずはその迫力に圧倒されました。見学時間を2時間半当てましたが、それでも足りなかったかもしれません。ちょうどこの3月に、第4展示室「民俗」がリニューアルオープンしたばかり、新しく模様替えした展示物を通して、日本列島に住み続けてきたわれわれ日本人の、過去、現在、未来を考える良い材料を提供してくれたように思います。
 12時45分から昼食、付近の蕎麦和風レストラン「川瀬屋」で、掘りごたつに足を伸ばし、くつろいで歓談しました。お膳料理の方は味がちょっと物足りなかったですね。
 午後は、佐倉順天堂記念館、佐倉武家屋敷の2カ所を、見学しました。あらかじめ依頼しておいた佐倉市教育委員会2名のボランティアガイドさんから懇切丁寧な説明をしていただきました。
 順天堂記念館は1858年に建てられた由緒ある建物で、順天堂の創設者、蘭学医学者の佐藤泰然について紹介。次の見学先、武家屋敷に行く途中に大変急な坂があって、皆さん難儀しました。何人か引き返した人もありました。
 武家屋敷の一つ、旧河原家住宅は1845年頃に建てられた古い建物で、江戸時代の武家の生活を偲ぶことが出来ました。ボランティアガイドさんの説明は、大変分かり易かったです。
 15時15分に帰途につき、会員の古澤行雄さんのオカリナ伴奏で、全員で”春”、”おぼろ月夜”などを楽しく合唱しました。
 又、同じく会員の大舘利雄さんから、クイズ形式で天皇制について普通知らないような興味深いお話をしていただきました。大舘さんの天皇制に関する博学ぶりにすっかり感心したのは、私一人ではなかったものと思います。古澤様、大舘様、ありがとうございました。
 バスは、16号で渋滞があったものの、予定通り無事、16時半過ぎに柏駅東口そごう脇に帰着しました。参加者の皆様、福祉バス運転手さん、ご協力ありがとうございました。

ボランティアいきいき研修日帰りバス旅行実行委員会 委員長 福田隆三

副実行委員長 吉本真知子、  委員 八木カツエ、貝沢正行


アルバム「佐倉研修日帰りバス旅行」はコチラ


戻る

ご意見・ご感想はこちらにコメントをお願いします。


認証コード(1566)
  • 少ない予算で、楽しい旅を企画していただきありがとうございました。
    お誘いした方々も喜んでくださいました。
    貝沢さんに撮っていただいたスナップ写真も良い記念になりました。
    実行委員の皆様に感謝しています。
    -- 佐藤 艶子 2013-05-05 (日) 11:22:17

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional