柏市の生涯学習を通してまちづくりを行っています

小須田_活動実績_290916第14回総会懇親会

戻る

第14回総会及び懇親会

平成29年12月6日

報告者:小須田 紘一

さる9月16日(日)午後2時から、柏市中央公民館 4階集会室1&2において、ボランティアいきいきの総会・懇親会が開催されました。
「総会の出席者は16名、委任状は11名で、委任状を含めて議決者27名となり、会則による会員数28名の過半数15名を超えたので総会が成立しました」。
総会において全ての議案は承認され、終了致しました。
その後懇親会が行われ出席者は15名でした。
1.開会の挨拶 司会 増田運営委員
2.会長挨拶 福田会長
3.来賓挨拶 柏市教育委員会生涯学習課課長 高村 光様
4.議長及び議事録署名人の選出
5.議案審議             佐藤議長・橋本署名人
 第1号議案(平成28年度活動報告)  報告:福田会長
 第2号議案(平成28年度収支報告)  報告:八木会計担当、代理増田
 第3号議案(平成28年度監査報告)  報告:綿引監査担当
 第4号議案(平成29年度活動計画案) 説明:福田会長
 第5号議案(平成29年度収支計画案) 説明:福田会長
 第6号議案(年会費の値上げ案)    説明:福田会長
6.議案審議終了 議長退任。
7.事務連絡
(1)入会者・退会者平成28年度の入会者、退会者は次のとおりです。
平井光彦さん 平成28年9月 退会
小林美一さん 平成29年8月 退会
水見昭江さん 平成29年1月 入会

詳細は連絡網第243号をご覧ください。
高村来賓のお話しを議事録から抜粋して以下に掲載します。

第14回総会:来賓挨拶 柏市教育委員会生涯学習課課長 高村 光様

 生涯学習課の高村と申します。
本日は、第14回総会の開催、誠におめでとうございます。
また、このような席にお招きいただきましてありがとうございます。
皆様におかれましては、平素より市政各般にわたり、ご理解、ご協力を賜り重ねてお礼申し上げます。
さて、5日前の9月11日で東日本大震災から6年半が経ちました。また震災と同じ年には新潟福島豪雨もあり、柏市のふるさと交流都市である只見町がダムが貯めていた水に飲み込まれるなど、大きな被害を受けました。当時、地域づくり推進部にいた私は、両方の災害の際に、市民ボランティアさん達の力を借りて、被災地の支援に行き、ボランティア活動をしてくださる方々のありがたさをつくづく感じたところです。
その後も、日本では、相変わらず災害は多いのですが、東日本大震災を境に、私の感覚では、それまであまり注目されていなかった社会問題が表に出るなど、震災以前の「強い経済の復活を目指す」方向性にプラスして,社会全体の中で何かが変わったと感じています。
例えば、バブル崩壊後は「勝ち組・負け組み」という言葉が流行り、「成果主義」を掲げ、「負け組みにならないように」という社会の風潮がありました。成果主義自体をここでどうこう言うつもりはありませんが、今は、加えて「子供の貧困問題」や「障害者差別解消法の理念」など、多様性や他者との共生を重視する流れが加速しているのではないかと思われます。
そのような中で、まだまだ取り組まなければならない課題は尽きないと思います。オリンピックとパラリンピックで授与されるメダルを例に挙げますと、パラリンピックの方が圧倒的に授与しているメダルの数が多いので、通常だと、一つの国が獲得するメダルの数は、パラリンピックのメダルの方が多くなるはずですが、先進国の中で日本だけが、パラリンピックのメダル獲得数の方が少ないそうです。そのような事実から、その裏にある日本の文化の現状を考えたり、あるいは障害者スポーツを観戦しながら「人間の本当の強さって何だろう」と考えたりすることも、生涯学習の意義であり力なのではないかと思います。
また、だいぶ前になりますが、2000年の国連の「人口白書」についてですが、当時、日本の人口構造への勧告として,『日本は社会経済状況を維持するためには、50年にわたって労働移民を毎年61万人受け入れるべき』と記載されているという話しを聞いたことがあります。外国人労働者が必ず一人で日本に来るとは限らないことを考えると、いったい日本に何人の外国人が移住することになるのかと考えてしまいます。この「50年で3000万人」という数字が現実的なものかどうかは別としても、外国人との共生は、徐々に進んでいて、その現実と正面から向き合うべき時期に来ているのではないかと思われます。
今の社会の混沌としていて先の見えない状況というのは、これからもずっと続くものと思われます。
その際に、生涯学習に取り組みながら、多様な課題への手助けをしつつ、誰もが安心して暮らせる社会を実現するための基盤づくりをしていくことは、今後ますます重要となってきます。
引き続き皆様のご活躍をお願いする次第であります。どうぞよろしくお願いいたします。
結びに、ボランティアいきいき様のますますの御発展と、皆様方の御健勝、御多幸をお祈りしまして、御挨拶とさせていただきます。
本日はありがとうございました。

総会・懇親会の写真

第14回総会開会 第14回総会出席者

懇親会 懇親会

懇親会実行委員

綿引芙美江(実行委員長)、小玉ゆき江、福田隆三。

事後報告資料

第14回総会 会員アンケート結果の報告

 会員の皆さんのアンケート回答の結果がまとまりました。運営委員会でこの結果を参考にして今後の団体活動を検討していきたいと思います。

以上





戻る

ご意見・ご感想はコチラでコメント願います。


認証コード(2525)


powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional