柏市の生涯学習を通してまちづくりを行っています

吉本_マイライフ01

戻る

からだの自然

健康診断の検査結果

最近、こんな記事を目にしました。
「日本人間ドッグ学会が発表した受診状況調査結果によると、全検査項目で異常がみられなかった人の割合はたった7.8%
「皆、なにかしら病気を抱えているのね。あなたも患者予備軍?」
仲間が大勢だと心強いわ!などと安堵した人もいるかもしれませんね。
受診者高齢化などが原因との事、同学会では高齢化に合わせた検査項目の追加を検討しているとのことです。

医学の進歩で早期発見や病因究明がすすむのは嬉しい事ですが、「高齢になってからの検査、治療漬けはいやだなあ!」退院後「いくつになっても元気でいきいきとやっていけるかなあ!」等々、考えてしまいます。
これから “未体験ゾーン” への突入です。

そこで最近「そうそう!!」と納得した言葉や文章を一つ二つ。

画像の説明


世の中はこれからもっと変化していく。

そういうときに「まさか」がおきる。

でも「まさか」を「まさか」と受け取らないのが呼吸

どんな変化にも対応、順応していくエネルギー。

ー呼吸の本(谷川俊太郎&加藤俊朗)



画像の説明


今のからだの状態(弱っているとか、良くなってきているとか)

を動くことで感じ取る。

からだは動かしていけば必ずよくなるようにできている

よくなっていることをきちんと感じ取ることができると喜びが

わいてくる。そして続けていく力になる。

ー菊池和子



画像の説明

風邪は病気というよりも、風邪自体が治療行為ではなかろうか。

風邪を完全に経過しないで、治してしまうことばかり考えるから

体の弱いところをそのまま残し、又次へいき、又風邪をひく。

上手に風邪をひけば、血圧も下がるし体の硬張りもなくなる。

生きていく体のうごき、体の自然を無視してはいけない

ー風邪の効用 (野口晴哉)



画像の説明

もうすぐくる秋は肺の季節

咳や鼻水は肺からの毒素なのですぐ薬で抑えないで!

複式呼吸で肺の毒素は出やすくなるそうです。

「出る」と名のつく現象は全部毒だしですよおー。




いかがでしたか。ご感想などお聞かせいただければ嬉しいです。

(最後に認証コードを半角でいれ、コメントの挿入をクリックしてください)


認証コード(0756)
  • さざれ いしのさん
    感想をお寄せいただきありがとうございます。呼吸に関して言えば、一日に何万回もしている呼吸を、少し意識してその質をたかめると、生命力やバイタリティが劇的に向上するといわれます。「吐く息を楽しんで! 吐く息を大事に!」 ブッダの言葉だそうです。
    慌てふためいていた時「深呼吸をひとつしてごらん」などとおばあちゃんに言われた事ありました。心身を整えるのに複雑なことなど必要ないのかもしれませんね。 -- 吉本真知子 2012-09-11 (火) 19:33:44
  • まさかと呼吸 まさかの呼吸 呼吸と何の繋がりがあるのだろう?
    吸って 吐いて 吐いて 吐いてえぇぇ 吐き終えるまで息を吐く。
    鼻からす吸って息を吐く、 意識して吐く これを3回も続ければ 
    気持ちは落ち着き判断力が戻ります。 
    児童 生徒の授業始まりのざわつきに行うと自然と静かに入れます。 
    大人でもまさかの際はまず、腹式呼吸で落ち着きましょう。と 
    こう繋げました。  皆さんは如何でしょう? -- 根戸のさざれ いしの 2012-09-11 (火) 09:24:13

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional