柏市の生涯学習を通してまちづくりを行っています

吉本真知子_マイレポート12

戻る

椅子にかけての太極拳

一茶双樹記念館にて

流山は江戸時代からみりん醸造のまちとして繁栄したところです。
みりん開発者の一人、5代目秋元三左衛門は本業の一方、双
樹と号して俳句をたしなみ、小林一茶と深い親交をもちました。

今回、流山市指定記念物(史跡)第一号に指定され、綿密な解体調査と改修復元工事をへて誕生した「一茶双樹記念館」で太極拳の体験会を開催する幸運に恵まれました。静寂な時間がながれるところです。

画像の説明

平成26年1月~4月にかけて、全6回の講座でした。すぐ近くに江戸川の土手があり、4月には菜の花で埋まりました。
カメラをかかえて足を踏み入れたら、花粉だらけ!
たまたま居合わした女子高校生に、「顔にもついてますよおー」と言われキャッキャッと笑いあったことが思い出されます。








ご感想などお聞かせいただければ嬉しいです。

(最後に認証コードを半角でいれ、コメントの挿入をクリックしてください)


認証コード(9478)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional