柏市の生涯学習を通してまちづくりを行っています

佐野_活動実績_250721

戻る

第2回会員活動交流会報告         

                        

実行委員長 佐野 辰雄

当日は天候にも恵まれ、多くの方々のご協力により、当初の予定通りイベントを終了することができました。
参加者が少ないなど反省すべき点は有りますが、参加者の評価も良好でした。
企画段階からご協力を頂いた実行委員の皆様、当日発表して頂いた日本舞踊の小坂 久代(錦 扇香)さんと扇香会の皆様、特別出演の帯 治子(若柳 遊亀)さん、放射線のお話をされた小須田紘一さん、三味線伴奏でわらべ唄を歌われた中村雅子さんとわらべ唄の会の皆様、そして、暑い中参集された参加者の方々に厚く御礼致します。ありがとうございました。

第2回会員活動交流会(敬称略)

  1. 日時:7月21日(日) 9時 ~ 13時、
    準備:9時~10時、開場:9時30分、開演:10時
  2. 場所:柏市中央公民館 5階講堂、和室2(控室)
  3. 出席者:会員(14名)、会員知人(31名)、合計(45名)
    大舘利雄、帯 一雄、帯 治子、貝沢正行、小坂久代、小須田紘一
    佐野辰雄、竹田正明、谷口義則、中村雅子、橋本陽子、平井光彦、
    福田隆三、増田泰子
  4. 司会:増田泰子
  5. 舞台監督:福田隆三
  6. 内容
    1. 準備
      朝9時に集合し、福田さん指揮で会場設営開始。福田さん自ら陣頭に立ち、公民館の係の人から、3階倉庫から、無線アンプ、講堂用マイク、マイクスタンド4本、テーブルタップを借り出す。台車に載せて運んだが、マイクスタンドが重かった。垂れ幕を下げる横棒のウインチが動作不良で竹田さんが手を汚してしまった。舞台上の照明、白熱ランプの位置をスライドさせることができず、向きを変えるだけしかできなかった。照明が終わってから、福田さんが小須田さんと舞台床をモップかけ、最初水拭き、次にから拭き。すっかりきれいになった。ダンボール“土足はここまで”を舞台左手に置きました。
    2. 開演

      司会増田
      増田泰子さんの司会で開始。

    3. 開会挨拶 福田会長

      福田会長
      今回は新人の方々に発表していただきます。これを機会に会員相互の交流をより深めて活動してまいりましょう。

    4. 日本舞踊・・・・・小坂久代(錦 扇香)(当会会員)、扇香会の皆様
      演目は乱れ髪、北の漁場、おりょう、白鷺有情、辰巳の左褄、赤とんぼ

      扇香会
       1番目の出し物、扇香会の皆さんの踊りで始まった。扇香会の皆さんはさすがに舞台慣れしていて、どの人もすばらしい踊りを披露して下さいました。最後の赤とんぼも良かったです。


      中村雅子 鈴木アヤ子 白石澄子 錦桜扇
         中村雅子さん     鈴木アヤコさ   白石澄子さん   錦桜扇さん



      若柳遊亀
      特別出演、若柳遊亀(帯 治子)さんの踊り「北国の春」は、聴衆を引きつけて秀逸でした。

    5. 講演「柏市の放射線」・・・・・小須田紘一(当会会員)

      小須田紘一
       2番目の出し物「柏の放射線」小須田紘一さんの講演。難しい話を分かり易く説明、やはり専門家は違うと感心しました。

    6. 三味線の演奏と合唱・・・・・中村雅子(当会会員)
      故郷、紅葉、北国の春、酒は涙か溜め息か、花笠音頭、喜代節


      わらべ唄の会
            中村雅子さんとお母さん


      中村さん三味線
           “秋田民謡、喜代節”の熱唱


       3番目の出し物「わらべ唄と三味線」の始まる前に、講堂備え付けのマイク2本のうちの1本が動作不良、福田さんが電池交換しても駄目(おそらく音響設備のアンプのどこかが悪かったのだろうと思います)。4本のマイクで始めた。譜面台の設置はけっこう手間がかかりました。中村さんのご母堂加藤クニさんも、お元気に三味線演奏をして下さいました。三味線の伴奏による合唱は大変良かったです。マイク1本足りず、すみませんでした。最後の“秋田民謡、喜代節”の熱唱、良かったです。

    7. 閉会挨拶 佐野実行委員長


      佐野辰雄

    8. 閉 会
    9. 撤収作業
    10. 昼食会(サイゼリア)
      参加者:帯 一雄、貝沢正行、小須田紘一、佐野辰雄、竹田正明、平井光彦、福田隆三
  7. アンケート結果(添付資料をご参照ください)
    1. アンケートの回答数が6枚と少なく、回収率が13.3%と低かった。
      1. 結果は好評である。
      2. 問題点としては、参加者が少なかったこと。設備が悪い点などが指摘された。
  8. 反省点
    1. 反省点1は日本舞踊という芸術の出し物の場合は、できればリハーサルを行ったほうが良い、当日の午前にリハーサル、午後に本番をやる、とかの工夫が必要です。
    2. 反省点2は、今回の会員交流会は、参加者数が40名超と少なかったこと、日曜日の午前という時間設定が悪かった、あるいは、会員の一体感が弱まっているのかもしれません。残念でした。
  9. 当日配布した資料
    1. プログラム
    2. 放射線もお話
    3. 子どもの未来の為に ~放射線の基本と対策~
    4. 放射線対策への支援内容をご存知ですか?
    5. チラシ「ボランティアいきいき」
    6. アンケート
  10. 添付資料
    1. アンケート結果

         

第2回会員活動交流会 実行委員会

実行委員長  佐野辰雄
副実行委員長 菊池陽子
実行委員   福田隆三、増田泰子、貝沢正行、小坂久代、小須田紘一、
       中村雅子、砂生照代、沼野勝吉、

以上

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional